slow, steady & go.

基本、というか全てがチラ裏サブブログ。

スマホの通信障害と鉄道の人身事故と。

昨日話題になったソフトバンクの大規模な通信障害だが、ワイモバイルユーザーである僕もモロに影響を受けた一人だ。

 

昼頃から繋がらなくなり夕方までスマホを全然使えなかった。 もちろん色々と不便と言えば不便なのだが、こればっかりは仕方ないと諦めるしかない。

 

 

しかし世の中には悪い意味で諦めるのを知らないアホも多いようで、twitterにはあちこちのソフトバンクショップで怒鳴りまくっているオッサンどもの動画がアップされていた。 そう、こういう時にキレているのは大抵オッサン、それも50、60代のいいトシをしたオッサンなんである。 若い世代は結構ヤンチャっぽいヤツでも意外と冷静に対処しているような気がする。

 


オッサンになるとどうしてああなっちゃうんかねぇ。。。 なにかトリガーと言うかキッカケがあるんだろうか、ヤル気スイッチ的な。 僕も年齢的にはバリバリギンギンのオッサンなんでくれぐれも気を付けようと思う。

 

 

 

「こっちは安くない電話代払ってんだ! どうしてくれる!」ってやかましいわ。 どう見ても電話2、3日使えなくても不都合無さそうな風貌しやがって。 伝書鳩でも飼っとけっつーの。

 

 

 

 

あと、僕は電車通勤してるんで人身事故による遅延にちょくちょく巻き込まれるんだけど、ああいう時に鉄道会社が「ダイヤの大幅な乱れにより大変ご迷惑をお掛けし、」みたいにすぐ謝っちゃう風潮も良くないね。 機材トラブルとかだったらお詫びもわかるけど、僕はそれでも「まぁしゃあない」と諦められると思う。

 

人身事故の場合、謝られたいのはどう考えても鉄道会社の方だもんなぁ、マジで。

 

でもまたここでもヤル気スイッチ入ったオッサンが登場したりするから、もうホントどうしようもないね。

 

 

 

 

通信障害も運行遅延もドーンと受け入れる広いココロを持ちたいけど、キレるオッサンだけはどうしても受け入れられない、という話でした。

 


本日は以上です編集長。