slow, steady & go.

基本、というか全てがチラ裏サブブログ。

ロッテリアの「ふるポテ」にモノ申す。

ロッテリアで凄く久しぶりに「ふるポテ」を食べてみた。 ご存知かとは思うが、袋にフレーバーパウダーを入れ、自分で振って混ぜて食べるフライドポテトだ。 増量キャンペーンとやらでポテトが普段の1.5倍になっているというのに恥ずかしながら釣られてしまったのだ。

 

www.lotteria.jp

 

 

フレーバーは「バターしょうゆ風味」を選んでみたのだが、しかしこれがまた猛烈にしょっぱいのなんのって。

 

一応ちゃんと振って(ちょっと恥ずかしがりながらも)パウダーを全体を混ぜたつもりなのに、どこを食べても舌がビリビリするくらい塩辛くて、頭がカァーっと熱くなる感じ。

 

これ、高血圧のジジイなら即昇天できますよってレベルだし、僕だっていい年こいたオッサンの最後の晩餐が「ふるポテ」になるのは避けたいですよ。

 

 

 

フライドポテトが1.5倍に増量だからパウダーも大きなサイズになっているのなら、まぁ百歩譲って良しとしよう。

問題は普段もこれと同じ量のパウダーが添付されている場合だ。 単純に逆算?すれば、今僕が食べている「ふるポテ」より更に1.5倍塩辛いポテトがデフォルトということになってしまう。

 

そんなことがあってたまるか、とヒトリ静かに憤ってみた。

 

 

 

 

「オマエがパウダーの量を調整すればいいだけだろ」と言われてしまえばそうなのだが、初めて食べるヒトはそんなこと思い付かないだろうし、もしあのしょっぱさが標準なのだとしたら絶対に一袋当たりのパウダー量を減らすべきだと思う。

 

ちょっとそれっぽいことを書かせてもらえば、子供の味覚や食育的にも良くないし、高血圧ジジイへのダメージは言うまでもない。 もし量を調整して使うことを前提としているのなら、捨ててしまう分はエコ的にもよろしく無いので最初から小さな袋にし、どうしても濃い味にしたい人には2袋3袋渡せば良いはずだ。

 

 

なにより、せっかくのアツアツホクホクの美味しいポテトなのに、あれじゃあイモの味が全然わかんないもの。 僕は塩が振られてるか降られてないかわからないくらいの絶妙なうす塩ポテトが大好きなんじゃぁ~!

 

 

 

 

なら普通のポテト頼めよ、と今思いました。 てか文句言いつつも「ふるポテ」完食してるしな。

 

ロッテリアさんゴメンナサイ。

 

 

 

f:id:reborn4344:20181101195521j:plain