slow, steady & go.

基本、というか全てがチラ裏サブブログ。

旅行の前日にホテル決めがちで選択肢狭くなりがち。

明日明後日の土日で1泊の小旅行に行くことに決めていた。 結構前から。

 

しかしホテルは今日ようやく予約した。 僕はこのパターンが結構多い。

 

 

旅行のスタイルは人それぞれだが、それこそ行動スケジュールも前もってバッチリ、宿泊先もちゃんとリサーチしてベストなところを早めに押さえる、ということが何の苦も無くできるヒトも多いだろう。 そして旅行の充実度やコストパフォーマンスにおいてもその方が良い結果をもたらすことが想像できる。

 

しかし僕はどうもそれができない。 なにせ人生初の海外旅行にホテルも予約せず、帰りの切符も買わずに行った男である。 別に旅慣れているとか度胸があるとか、そういうことでは全然無い。 単にめんどくさいというか、仕事および人生全般にいかんなく発揮されている「後ろ倒し」精神、「今日できることも明日やろう」スピリットがもたらしている結果なのだ。

 

ちょっとカッコいいことを言わせてもらえば、「その時の気分によって行き先や宿泊先も決めたいジャン?」ってな感じになるかもしれないが、自分一人での行動時ならともかく家族や子供と一緒であれば、そうそう適当なこともしてられない。 そんなわけで昨夜遅くにようやく重い、重すぎる腰を上げたのだ。

 

 

案の定というか当然というか、この夏休み終盤シーズン、旅行で向かう方面のホテルにはあまり空きがなさそうだった。 あったとしても目ん玉が飛び出るほど高いホテルか旅館、もしくはもうクチコミを見るだけでプチブルーになってしまう民宿がポツポツと見つかるくらいだ。

 

「もっと早く探しておけばよかった・・・」 はや何度目のデジャヴだろうか。 足掛け30年くらいこれを繰り返しているような気もしている。

 

 

 

PCと2時間ばかり格闘した結果、幸いなことに結構良さそうな小さなホテルに1室だけ空きがあるのを見つけて予約することができた。 しかも「直前割」とやらでそこそこ安く。

 

今回もなんとかこのタイトロープを渡り切った・・・。 自分ではなんかすごい「やり遂げた感」を醸し出しているが、正直なんにもやり遂げてないし場合によっては家族からの信頼を完全に失うことにもなりかねないので、皆さんには早目の予約をオススメしています。