slow, steady & go.

基本、というか全てがチラ裏サブブログ。

(株)ワン・ダイニングの接客にいつも感服してしまう話。

焼肉といえば我が家では「ワンカルビ」が定番だ。 ちょっと高級な焼肉屋でバカスカ注文すると会計時に息を呑まされることになるが、こういった定額食べ放題であればその心配も無い。

 

焼き肉ダイニング ワンカルビ|株式会社ワン・ダイニング

 

食べ放題のチェーン店といっても味だって別に悪くない。 特にサイドメニューが充実しまくっているのが良い。 僕はサラダとかキムチとかナムルだとかの野菜が大好きなので、肉以上にサイドメニューをオーダーしまくるのが定番コースだ。 そして麺やご飯モノ、デザートまで全く手を抜いておらず、最後まで食事を楽しめるのがワンカルビの魅力だと思っている。

 

 

また先日、同じグループ企業であるしゃぶしゃぶ店「きんのぶた」でも食事をしたのだが、これまたワンカルビ同様に非常に満足度が高かった。 子供も「美味しい美味しい」とバクバク食べて家族全員ではち切れんばかりの満腹に。(ついでに言えば子供料金がだいぶ安く設定されているのも嬉しい)

 

和豚もちぶたしゃぶしゃぶ きんのぶた|株式会社ワン・ダイニング

 

 

 

 

何だか持ち上げすぎて提灯記事みたいになってしまったが、こうやってわざわざブログに書いてみようと思ったのには理由がある。 それは、味やメニュー、清潔さ、店舗の雰囲気等に加え、いつも店員さんの気持ち良い接客に色々と考えさせられるからだ。

 

とにかく、どんな時にどの店舗に行っても、入店から会計まで、感じが悪かったり態度や言葉遣いに不快感を感じるような店員さんに出会ったことがない。 ハキハキとしつつ丁寧で、小さい子供には優しく声を掛け、いつも笑顔を絶やさない。 たまたま運良く素晴らしい店員さんに当たっているのかも知れないが、それだけでは片付けられない、企業のしっかりとした採用方針・教育方針が確実に反映されているのだと思う。

 

www.1dining.co.jp

 

 

 

おそらく接客スタッフの多くはアルバイトの学生だろうか。 もちろんフリーターのヒトもいるだろう。 しかし総じて彼ら彼女らは嫌味の無い程度に容姿端麗で、爽やかで気持ちの良い笑顔を携え、そして時にはちょっとこっちが眩しくなるくらいのリア充っぽさを漂わせている。 もちろん外見で採用を決めている訳ではないだろうが、気持ちの良い接客ができるヒト、またその素質があるヒトを選んだ結果として、ああいったイケメンやカワイイ子が集まることになるのかも知れない。

 

 

僕はこの歳になっても「笑顔での接客」や「自然でよどみない会話のやりとり」みたいなのが極めて苦手なので、ヘタしたら自分の半分以下の年齢である彼・彼女らにいつも憧れと尊敬の念を抱きながら食事をしている次第である。