slow, steady & go.

サブブログとしての活用法を模索中

日常の中に起きた小さな偶然の話。

先日、家族で近くのうどん屋に昼ご飯を食べに行った時の話だ。 その店は「結構気に入っているんだけど、家から近すぎるが故に逆にめったに行かない」、そんな感じの位置付けだった。

 

その日は何でそこに行こうと思ったんだっけな、、、子供にお昼ご飯に食べたいものを聞いたら「ウドン」って言ったんだっけ。 いつもは丸亀製麺に行きたいということの多い(財布に優しい)我が子だけども、その日は何となく皆で話してそのうどん屋に行くことにしたのだ。

 

 

 

注文しようとメニューを見ていると、「これまでのご愛顧に感謝して」みたいな特別メニューが挟んであるのに気が付いた。 「ありゃ、閉店しちゃうんだねぇ。」「残念。」 妻とそんなことを言いながら注文をする。

 

 

 

いつも通り美味しくうどんを食べていると、なんだかちょっと外が賑やかになってきた。 店員さんが表に出てお客さんを見送っているのだ。

 

その時点でようやく思い至った。 今日がその閉店日なのだと。 そして閉店時刻が30分後だということにも。

 

それはつまり、15年間この地で営業してきたこのうどん屋の、記念すべき(というのはおかしいかも知れないが)最終の客が我々になってしまう可能性を意味していた。

 

 

 

さすがにそれはマズい。 何がマズいのかはよくわからないが、何も知らず適当に来ただけなのに、閉店を惜しんでわざわざ最後に食べに来た常連のような感じになってしまったことに妙な気恥しさを感じ、子供を急き立てるように会計に向かう。

 

 

幸い店内にはまだ食べている客が残っており、最後の客になるという事態は何とか回避することができた。 それでも帰りにはお土産を渡され、入り口で記念写真を撮ってくれ、丁寧なお見送りまで付いてきた。 店員さんに妻が「閉店しちゃうの残念です。」と言う。

 

 

「残念だね。」 帰りのクルマの中で僕らはもう一度同じことを言った。

 

 

 

 

 

ちょっと大袈裟なタイトルを付けた割にはオチも無く申し訳無い。 以上がこの話の顛末である。

 

地元の良店が無くなってしまうのは寂しいが、なんだか素敵な瞬間に偶然立ち会えたような気もする。 そんな体験だった。

 

 

 

キモバイラー、復活の狼煙を上げる。

最近は仕事に行くにもノートPCを持ち歩くことが多く、ブログもだいたいそれで書いていた。 しかし先日5.2インチ画面のスマホを手に入れてからはスマホ+折り畳みキーボードの組み合わせパターンを試しているところだ。

 

 

f:id:reborn4344:20180425201339j:plain

 

 

キーボードは以前にもブログで紹介したことのある「ミヨシ TOR-BT03」を相変わらず使用中。

www.mco.co.jp

 

www.arukehashiruna.com

 

 

使いづらくてすぐに飽きるかなぁ・・・と半信半疑で試した組み合わせなのだが、予想外にイイ感じで結構気に入っている。

最大のメリットはやはり圧倒的に軽いこと。 キーボードは約180gなのでスマホと合わせても350g程度。 ノートPCと比べればその差は歴然だ。

そして折り畳めばスマホとほぼ同じ長さ、手のひらサイズになるのでジャケットやコートのポケットに突っ込んでおくこともできる。

 

 

f:id:reborn4344:20180425202946j:plain

 

 

さすがにスマホの画面で画像を編集する気にはなれないけども、テキスト打ちがメインなら十分に実用に耐えるこの組み合わせ。

例えば休日の朝にスマホとこのキーボードだけをポケットに入れて近くのカフェへ。 コーヒーを飲みながらブログを書き上げる。 そんなステキなシチュエーションを思い描いたのだが、冷静に自分の姿を客観視したら相当にキモかったので実行に移すのをためらっているところだ。

こうしたデジタルガジェットに常に付きまとうキモリスク。。。

 

 

 

てか、今ミスドで使っちゃってるよね、自分。

 

 

 

イケメンやかわいらしい女子ならばキモさは中和されると思うのでたぶん問題ありません。

 

 

 

身近なお気に入りスポットを記事にしていこうと思った話。

これまた極めて安易な記事なのだが、サブブログならではの気楽さということにして恥ずかしげも無く書いていこうと思う。

 

写真1枚あればとりあえず何か書けそうだからネタに困らないと信じて。。。

 

 

 

 

一発目は、たまに買い物に行くイオンモールりんくう泉南にあるちょっといいスポット「未来屋書店」について。

rinkusennan-aeonmall.com

 

 

 

 

 

この書店は(このあたりの地域にしては)規模・品揃えが充実しているのに加え、店内レイアウトがちょっとトリッキーなのが良いところ。 うまく説明できないのだが「目的の本がやや見つけにくい」ことが逆に魅力となるという例だと思う。 店内をブラブラ歩き回りたくなる魅力があるのだ。

 

温かみのあるデザイン・カラーの棚をイレギュラーに並べていることが良いのだろうか。 ちょっとゴチャゴチャっとした場所や死角になるような部分があって、そこで立ち読みをしていると妙に落ち着く。

 

 

椅子も豊富に置かれているので座り読み?もしやすい。

 

 

個人的にお気に入りなのが、この座り読みスペース。

正面が海になっており、その先には関西空港を見ることができる。 絶え間なく離着陸する飛行機を眺めつつボーっとしたり考え事をしたりするのは至福の時間と言って良いだろう。

いや、本読めよって話だけども。。。

 

 

 

休日でもそれほど混んでいないのも良い点だが、可能ならば平日の空いている時間帯に訪れ、より一層贅沢な時間と空間を楽しみたい。 そんな場所である。

 

 

EV欲しいけども・・・ 中古車購入を検討する。

現在乗っているコンパクトカーの4回目の車検が迫ってきた。 まだイケる気もするのだが、家族は狭いと不満を言うし、どこかが大きく壊れる前に乗り換えるのもアリかな、と最近ちょっとだけ揺れている。

 

 

完全に乗り気にならないのには理由があって、それは次はできればEV(電気自動車)に乗りたいから。 だとすると今はいささかタイミングが悪い気がするのだ。 (少し先になってもほとんど事態は好転していない気もするけど)

 

 

家を買う時にわざわざEV用のコンセントも付けたのに、完全に宝(って程ではないけど)の持ち腐れ。 今までに使ったのは試乗車を借りた時の一度だけ。

 

www.arukehashiruna.com

www.arukehashiruna.com

 

 

だいたい、こんだけEV、EVって騒がれているにもかかわらず、僕みたいな貧乏リーマンが現実的に買えるのは旧型リーフの中古車くらい、っていう選択肢の無さがキツイ。

 

「EVなんてのは懐に余裕のある新しいモノ好きが買うもんだ」という意見もごもっともなのだが、”ビンボーだけどアーリーアダプター”、”ビンボーだけどもエコロジスト”がいたっていいじゃないか。

 

 

あんま貧乏貧乏言うな。 ツライわ。。。

 

 

 

 

ただ、もしかしたら何か意外な打開策はあるのかもしれない。 次は今入手できる新車・中古車のEVを一通り調べてみてブログ記事にもしてみようかと考えているところだ。

 

 

 

【2018年4月24日追記】

結局メインブログにて続きを書きました。

www.arukehashiruna.com

 

アイキャッチ画像を作ってみる。4分くらいで。

さて、気まぐれで昨日から始めた(再開した)このブログだが、アイキャッチ画像を設定していないことに気が付いた。

はてなブログをやっている方なら皆ご存知だとは思うが、デフォルトのアイキャッチ画像はこんなヤツだ。

 

 

f:id:reborn4344:20180419204544g:plain

 

 

設定を忘れてもデフォルトが入るようにしてくれているのは親切だとは思うのだが、何だかどうしてもこの画像が好きになれない自分がいた。 そんなたいそうに書く程のことでは無いけども。

 

 

たぶん背景の菱形の並びがイカンのだろうな、、、ウロコみたいで・・・ってオマエの好みの考察とかいらんし。。。

でも、普通に無地のシンプルなのにしといてくれればいいのにね。 あるいは背景色が選べるとか。

 

 

 

とりあえず自分でシンプルなの作ることにした。 凝ったのはできないからWindowsに入ってる「ペイント」アクセサリーでブログ名だけテキスト入力しpngファイルで保存、これをデフォルトとするように設定してみた。

 

f:id:reborn4344:20180419210628p:plain

 

ちなみにこのデフォルトアイキャッチ画像のサイズは縦1051×横1500らしいので、このサイズもしくは縦横比で作ったらたぶんうまいことハマるんではないでしょうか。

 

 

 

 

4分くらいで作ったわりには自分的にはまぁまぁイケてるな。

 

 

 

今日一日これくらいしか良いことが無かったのでせめてこれだけ自画自賛させてください。。。

 

 

もったいないからサブブログ。

「メインブログも満足に更新できないくせに・・・」

 

わかっている、わかってはいるんよ。 調子コイてることは。

 

 

 

ここで書いていたブログを散々苦労してWordPressへと移行させてからしばらく経った。 正直WordPressもまだちんぷんかんぷんで色々と調べていかねばならないのだが、ふと後に残されたこのブログをどうしようかと考えた。

 

これまで有料版のはてなブログProで使っていたのだが解約したのでコストはかからない。 ありがたいことにまだ読者登録してくれている方もいる。 はてなには読みたいブログもたくさんあるし別にここを閉める必要もないのかなぁ、と思い至った。

 

それにブログ用の画像をたくさんはてなフォトライフに保存しているから、どっちにせよはてなのサービスからは離れられないしな。。。

 

 

 

そんな訳でここをサブブログとして活用していくことに決めた。 完全ノープランだけど、超どうでもいいこととか記事にもならないようなネタはこっちに書いていくことにしようと思う。 メインブログの方も適当に好き勝手書いてるだけだからあんまり差別化できないかも知れないけど。。。

 

とりあえずブログタイトルも一新。 文章的には間違ってるかもだけど思い付きで決めた。 何となく「Tiffany & Co.」みたいな見た目にしたかったんよね。

 

 

全然似てねーし。

 

 

 

まぁとにかく。 勉強のためにも色々と実験的なことを試してメインとサブで相乗効果を出していけるようにしたいと思う。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ブログ "Walk Don't Run" 移転のお知らせ。

元々こちらで書いていたブログ "Walk Don't Run" は下記URLへ移転いたしました。

 

https://www.arukehashiruna.com

 

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

 

 

f:id:reborn4344:20180413200648j:plain

 

 

はじめに。 ~当ブログについて~

 

【プライバシーポリシー】

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト・プログラム」「楽天アフィリエイト」を利用しています。
このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。
Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトではGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。
Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して詳しくはこちら、またはこちらをご覧ください。

 

当サイトへのコメントについて

当サイトではスパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。またメールアドレスとURLの入力に関しては任意となっております。
全てのコメントは当サイト「slow, steady & go.」の管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となる可能性がありますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず削除する事があります。
・特定の自然人または法人を誹謗し中傷するもの。
・極度にわいせつな内容を含むもの。
・禁制品の取引に関するものや他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
・その他、公序良俗に反し、管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

2017年4月25日制定

2017年10月6日改定(第2版)

2017年12月11日改定(第3版)

2018年4月17日改定(第4版)

 

 

【お問い合わせ】

 

【ごあいさつ】

元々ここで始めたブログ "Walk Don't Run" https://www.arukehashiruna.comWordPressへと引越したのですが、そのままはてなブログを閉じてしまうのも忍びなくサブブログとして活用できればと考えました。

タイトルの通り焦らず急がずノンビリと末永く書き続けていくのが目標です。 気長にお付き合いいただけましたら幸いです。