slow, steady & go.

日常のスナップと雑感など。

知らない街へ行きたい。

仕事がイヤになってしまった時、あるいは生き方や考え方にすごく悩んだりしてしまった時、ふとどこか知らない街へ行きたくなる。

 

と言っても別に全てを投げ捨てて失踪したい、とかそんな大げさなものじゃ無い。 少しの時間だけでも非日常感の中に入り込めば、ある程度はリセットされるから。

 

 

そんな訳でときおり仕事帰りに適当に電車を乗り継ぎ、適当な駅(車窓を眺めながら何となくで決める)で降りてみる。 知らない街をブラブラと散策するのだ。

 

 

f:id:reborn4344:20190517202559j:plain

 

 

それでも適当な駅と言うのが意外と難しい。 あんまり田舎すぎても刺激が無くてつまらないし、かと言って都会に行き過ぎても人混みで逆にストレスが溜まるばかりになってしまう。

住宅街があって、ちょっとレトロな風情あるこじんまりとした商店街があって、生活の息吹きが感じられるような街、そんなところが偶然見つかった時は嬉しいというより何だかホッとする。

 

 

f:id:reborn4344:20190517201152j:plain

 

 

住宅街を抜けイイ感じの商店街へ。 特に目的や予定がある訳では無いから順番に店を眺めながらゆっくり目に歩く。 めちゃめちゃレトロ感漂わせる喫茶店やタバコ屋なんかを見つけてちょこっと写真撮ったりも。

 

 

f:id:reborn4344:20190517203112j:plain

 

f:id:reborn4344:20190517203134j:plain

 

 

喉が渇いたのでアイスコーヒーを飲む。 普段なら雑誌を読んだりパソコンを開いたりするけど、何にもしないんだ。 こういう日は。

 

 

 

f:id:reborn4344:20190517204341j:plain

 

 

もう一度電車に乗って別の街に移動することもある。 夜になるにつれ商店街のお店も閉まっていってしまうので、できればちょっとした飲み屋街があるところが良い。

そんなにお腹も減っていないしお酒が飲みたい訳でもないが、せっかくだからどこかに寄って行こうと思った。

 

 

f:id:reborn4344:20190517205917j:plain

 

 

あまりワイワイガヤガヤした中心地は敬遠してちょっと歩いてみる。 ヒトもまばらとなってきた頃に何となく入りやすそうな天ぷら屋を見つけた。 「ちょい飲みセット1000円」 値段も量もこのあたりが妥当ではないだろうか。

 

ビール1本と天ぷら5品というのがセットの内容だった。 イカ、キス、エビ、ナスにカボチャ。 思った通りちょうど良い量。

 

 

f:id:reborn4344:20190517210401j:plain

 

 

「ちょい飲みセット」だけにこれで長居するのも無粋だろうと、サクッと食べてビールを飲み干し店を出た。

 

シャッターが下ろされ人通りのほぼ無くなった商店街を選んで駅へと戻る。 ここからなら1時間ちょっとで家まで帰れるだろう。

明日も仕事だけど、ほんの少しくらいは元気が出せそうな気がした。

 

 

 

 

連休ならではの贅沢な時間。 そして学生時代の夜を思い出す。

ゴールデンウィークは10連休フルとまではいかないものの結構長い休みを貰い、完全に普段のリズムが崩壊した贅沢な時間の使い方をしていた。 数日に渡って夜中起きていて朝方に眠りにつく生活を送る自堕落っぷり。

 

周りが寝静まった中、お酒やコーヒーを片手にmellowな音楽を小さな音量で流しながらパソコンやスマホを眺める。 そして遠い昔のことを思い出す。

 

f:id:reborn4344:20190503040910j:plain

 

インターネットもスマホも無かった20年以上前、よく夜更かしをしていた大学生の僕はいったいどんな風に夜の時間を過ごしていたのだろう。 遠い記憶を辿ってみる。

 

f:id:reborn4344:20190503040925j:plain

 

深夜までのアルバイトを終えて自転車で帰宅したもののすぐには眠れそうにない。 そして明日早起きする必要もない。

そんな夜にはよくあてのない夜の散歩に出た。 都会に住んでいた訳でもないので徒歩で繁華街に行くこともできない。 必然的に住宅街をただテクテクと歩き、そしてたまに用事もないのにコンビニに立ち寄り、特に必要でもないモノを少し買った。

 


当時でも一応それなりに悩みはあったから深夜の散歩は考え事をするのに最適な時間だったのかもしれない。 平気で1時間も2時間も歩き、気が済んでから自宅に戻った。

 


悩みに対する答えが出たことはほとんど無かっただろう。 それでもあの頃にしか体験することのできなかった貴重な時間のことを懐かしく思い出し、少しだけせつないような泣きたいような気持ちになった。

 

 

夜の商店街を散策する。目的地は特に無く。

 仕事を終え、ふと思う。

 

「どこか歩きたい・・・」

 

理由はよくわからないのだが若い頃から散歩が趣味なのだ。

 

 

できれば行ったことの無い知らない街をブラブラしたいのだが、いつもそんな贅沢なことはしてられないので帰宅途中に寄ることのできる適当な場所を探すこととなる。

 

最近のお気に入りはひっそりと静まった夜の商店街だ。 賑わいのある大きな商店街だと比較的遅くまで開いている店が多いが、私が行きたいのは夕方6時半や7時くらいには殆どがシャッターを閉めてしまうような、そしてその後には行き交う人々も極々まばらになってしまうような、地元密着型の小さな商店街。

 

そんな商店街の中をアテも無くブラブラと歩くだけなのだが、なんとも絵になるシチュエーションに出会うことが多くて妙に興奮してしまうのだから、我ながらやっぱりちょっとヘンタイだな、、、と思う次第。

 

 

f:id:reborn4344:20190423202743j:plain

f:id:reborn4344:20190423202838j:plain

 

本当はもっと明るく写すこともできるのにワザとちょっと薄暗くダークなイメージにしてみたりするのがイヤらしいが、とにかく雰囲気ムンムンの写真が撮れるのでなんだか嬉しくなってしまう。

 

 

f:id:reborn4344:20190423202854j:plain

f:id:reborn4344:20190423202915j:plain

 

たまーに住人や自転車に乗った通行人に出くわす。 「こんなところでカメラ構えて何してんだ・・・」というごく当たり前の視線を避けるために早目にいったんカメラをバッグにしまうが、周りに人がいなくなるとそれをまたゴソゴソと取り出すので、正直なところメチャメチャ怪しい中年男になっていると思う。 幸いなことに通報されたり職質を受けたことはまだ無いけども。。。

 

 

f:id:reborn4344:20190423203016j:plain

f:id:reborn4344:20190423203030j:plain

 

 

アーケードの端から端まで歩き切り、ひとしきり満足したら後は帰宅するために最寄りの駅へと向かう。 正直傍から見れば(自分から見てもだが)何のためにわざわざここまでやってきて、そして特に何もせずに帰っていくのか理解不能だろうが、それでも定期的にこうした行動を取ってしまうということは何らかの精神浄化作用があるのだろう。

 

 

幸いなことに私が住む大阪には、探せばいくらでもイイ感じの商店街がありそうで、この楽しみ方はまだまだ当分続けられそうだ。 最近はデジカメをいつも持ち歩くようにしているので、また仕事帰りに機会を見つけてブラブラしてみたいと思う。

 

 

花見には行かないけども、、、とりあえずヒトリで夜桜を。

大人数でワイワイガヤガヤというのが苦手なのと、あまりというかほとんど友達もいないので誘われることも無く、必然的に花見というものにはほとんど縁がない。

 

もちろん満開の桜を見れば心躍るしキレイだなと思うのだけど、それが花見というイベントにまでは昇華しないのである。

 

そんな訳で僕にとっての花見はたいてい仕事帰りとかにブラリと寄り道して見る夜桜ということになる。 人混みも苦手なのでメジャーなスポットも避けて。。。

 

 

f:id:reborn4344:20190410193424j:plain

f:id:reborn4344:20190410193507j:plain

f:id:reborn4344:20190410193633j:plain

 

 

夜の公園をヒトリで散歩する。 夜桜見物に来ているヒトもいなくはないが、時間帯も遅いのでポツリポツリという感じだ。 お互いの鑑賞をジャマしない程度の距離感を保つことができる。

 

せっかくちょっといいデジカメを買ったんだから、と夜桜撮影に挑戦しようとするも適した設定がよくわからない。 結局おまかせモードで撮るしかなかったのだが、それでもスマホのカメラと比べれば圧倒的に明るく鮮やかに写ることに感動した。 これがセンサーサイズの威力なのね・・・。 これからは夜景にもガンガン挑戦してみたいと思う。

 

 

f:id:reborn4344:20190410195126j:plain

f:id:reborn4344:20190410195752j:plain

f:id:reborn4344:20190410195816j:plain

 

 

さて、そろそろ家に帰って晩御飯を食べなければ。

 

「ちゃんとカメラについて勉強すれば、おそらくはるかに美しい写真が撮れるんだろうになぁ・・・」と若干歯痒い思いを残しつつ公園を後にした。

 

桜は既にだいぶ散ってしまったけれど、他の被写体を探しにまたここを訪れてみようと思う。 それまでにはもう少しカメラの設定について勉強しておくつもりだ。

 

 

 

近所の公園にてカメラデビュー・・・?

カメラを持って近くの公園に散歩に行った。 僕は先日買ったばかりのFUJIFILM XF10を、子供は近所のイオンで400円で買ったトイカメラを持って。

 

 


前日にトイカメラに入れるフィルムを買いに行った。 もはや家電量販店には置いておらず専門店であるカメラのキタムラにて購入。 カメラにフィルムを入れるなんて行為は何十年ぶりだろうか、、、というか自分でカメラを買う年齢の頃には既にデジカメが出回り始めていたので、「写ルンです」以外でフィルムカメラを扱うことには慣れていない。 「これで合ってるんだろうか・・・」と何度も確認しながら何とか無事にフィルムをセッティングすることに成功した。

 

 


気持ちよく晴れた天気のせいもあって公園は多くの人で賑わっていた。 適当に歩き回って撮影スポットを探してみる。 とは言え写真やカメラのことなんて全然詳しくないので、何をどう撮るのが良いかがわからない。 とりあえずそれっぽい木々や空を写してみて雰囲気だけ楽しめればいいやと割り切った。

 

 

f:id:reborn4344:20190321072231j:plain

f:id:reborn4344:20190321072245j:plain

f:id:reborn4344:20190321072240j:plain

 

 

 

僕はデジカメなのでとにかく適当に撮りまくっても問題無いのだが、困ったのは子供だ。 「無駄なシャッターは押したらイカンよ」と何度か諭したのだが、スマホのカメラくらいしか知らない彼にはイマイチ響いていないようだった。 だいたい親がバシバシ撮りまくっている横でそれを我慢しろというのも酷な話で、そこはちょっと申し訳なく思いつつも何とかフィルムカメラというものの構造をボンヤリとでも理解してもらえたのかなと思う。

 

 

f:id:reborn4344:20190321072235j:plain

f:id:reborn4344:20190321072324j:plain

f:id:reborn4344:20190321072319j:plain

 

 

 

僕のデジカメはほぼ初めて使うような状態だったので、細かい設定や操作もよくわからずオートモードにしたまま。 それでもこれから徐々に機能を使いこなせるようになれば相当楽しいのだろうなぁ、ということを感じるには十分だった。 少しずつでも色々と覚えていこうと思う。

 

子供のトイカメラもフィルム枚数の半分弱まで撮ったところで今日は一旦終了に。 どうしてまだ撮ったものが見られないのか彼にとっては未だに疑問のようだけど、近いうちにまた撮影に行きフィルムを最後まで使い切った後で「現像に出す」というこれまた懐かしい行為を一緒に楽しんでみたいと考えているところだ。

 

 

f:id:reborn4344:20190321072226j:plain

 

 

 

 

ブログリニューアルのお知らせ。

当ブログにアップしていた記事はメインブログ "Walk Don't Run" へ移転・統合いたしました。

 

www.arukehashiruna.com

 

 

当ブログはテーマ・内容をリニューアルし、引き続きノンビリと書いていきたいと思います。

 

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

 

はじめに。 ~当ブログについて~

 

【プライバシーポリシー】

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」「Amazonアソシエイト・プログラム」「楽天アフィリエイト」「バリューコマース アフィリエイト」「GearBest Associate Program」を利用しています。
このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。
Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトではGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。
Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して詳しくはこちら、またはこちらをご覧ください。

 

当サイトへのコメントについて

当サイトではスパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。またメールアドレスとURLの入力に関しては任意となっております。
全てのコメントは当サイト「slow, steady & go.」の管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となる可能性がありますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず削除する事があります。
・特定の自然人または法人を誹謗し中傷するもの。
・極度にわいせつな内容を含むもの。
・禁制品の取引に関するものや他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
・その他、公序良俗に反し、管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

2017年4月25日制定

2017年10月6日改定(第2版)

2017年12月11日改定(第3版)

2018年4月17日改定(第4版)

2018年10月1日改定(第5版)

2019年1月17日改定(第6版)

 

 

【お問い合わせ】

 

【ごあいさつ】

元々ここで始めたブログ "Walk Don't Run" https://www.arukehashiruna.comWordPressへと引越したのですが、そのままはてなブログを閉じてしまうのも忍びなくサブブログとして活用できればと考えました。

タイトルの通り焦らず急がずノンビリと末永く書き続けていくのが目標です。 気長にお付き合いいただけましたら幸いです。