slow, steady & go.

基本、というか全てがチラ裏サブブログ。

モスバーガーにそこそこパンチあるジイサン来た話。

日曜日の昼下がり、ちょっとした用事を済ませた僕はモスバーガーに寄った。 コーヒーでも飲みながらブログを書こうと思ったのだ。

 

田舎町の郊外にあるそのモスバーガーの店内には先客が数組。 混み過ぎでも空き過ぎてもおらずちょうどいい感じだ。 外の空気こそ冷たいものの、大きな窓から日差しが降り注ぎ気持ち良い。

 

 

そのジイサンがやってきたのは僕がブログを書き始めて少し経った頃だった。 どのくらいジイサンかと言うと、杖こそついていないものの足元はかなりおぼつかず、そして小さなカートみたいなものを曳いていた。 80歳くらいだろうか。

 

ジイサンは「よっこいしょ」と席に着くと、隣に座っていた人の良さそうな青年に「ここではどんなものを食べるのがいいんやろうねぇ。 ワシ良くわからんでのぉ」と話しかけた。 いや、まだ注文してへんのかい。 ファストフードにおける行動フローをしょっぱなから覆す斬新なスタイル。

 

その青年はハンバーガー単品とセットの違いの概念を丁寧に説明してあげていたが、残念ながらジイサンにはイマイチ響いていないようであった。

 

 

しばらくしてジイサンは他の客の注文品を運んで来ていた店員さんを「ちょっとオネエサン」と呼び止めた。 「ハンバーガーをセットでもらえるかな」

 

店員さんは最初は状況をうまく理解できていないようだったが、注文がまだされていないということを察すると、「レジの方で最初に注文をしてもらう方式になっているんです。 ファミレスとかとは違うんで」となかなか小気味よい返しをした。 「あと、ハンバーガーにも色々なお味がございますので」

 

 

しかし、ジイサンがレジに行って注文する可能性が限りなくゼロに近そうなのは、少し遠くから成り行きを見ていた僕でもなんとなくわかった。 「野菜が多いやつがいいな」「あとコーヒー」。

 

店員さんは「野菜が多いやつ」という言葉に救われただろう。 注文をモス野菜バーガーのセットに迅速にまとめ上げレジの方に走ると、金額を計算してすぐに戻ってきた。 ジイサンは千円札を渡す。 ジイサンのスタイルが結局押し切った形だ。

 

 

運ばれてきたバーガーを黙々と食べた後、ジイサンが再び店員さんを呼びとめた。 「急がへんからタクシーを一台呼んでくれんかの」 極々当たり前のようにジイサンは言った。 ファストフード店でもあんなに自然にタクシーを頼むことができるのか。 僕にとってはちょっとしたカルチャーショックでもあった。 そして、どんなリクエストにも柔軟に対応する店員さんってスゴイなぁとも。

 

 

10分程してタクシーはやってきてジイサンは帰って行った。 いったいジイサンはどういう経緯でモスバーガーに来ようと思ったのか。 孫に「お爺ちゃんも一回食べてきてみなよ」とでも勧められたのだろうか。 タクシーを呼ぶということは来る際もタクシーでわざわざ来たのだろうか。 そんなことを考えはじめるとどんどん気になってしまい、自分のブログを書くどころではなくなってしまった。

 

 

スマホの通信障害と鉄道の人身事故と。

昨日話題になったソフトバンクの大規模な通信障害だが、ワイモバイルユーザーである僕もモロに影響を受けた一人だ。

 

昼頃から繋がらなくなり夕方までスマホを全然使えなかった。 もちろん色々と不便と言えば不便なのだが、こればっかりは仕方ないと諦めるしかない。

 

 

しかし世の中には悪い意味で諦めるのを知らないアホも多いようで、twitterにはあちこちのソフトバンクショップで怒鳴りまくっているオッサンどもの動画がアップされていた。 そう、こういう時にキレているのは大抵オッサン、それも50、60代のいいトシをしたオッサンなんである。 若い世代は結構ヤンチャっぽいヤツでも意外と冷静に対処しているような気がする。

 


オッサンになるとどうしてああなっちゃうんかねぇ。。。 なにかトリガーと言うかキッカケがあるんだろうか、ヤル気スイッチ的な。 僕も年齢的にはバリバリギンギンのオッサンなんでくれぐれも気を付けようと思う。

 

 

 

「こっちは安くない電話代払ってんだ! どうしてくれる!」ってやかましいわ。 どう見ても電話2、3日使えなくても不都合無さそうな風貌しやがって。 伝書鳩でも飼っとけっつーの。

 

 

 

 

あと、僕は電車通勤してるんで人身事故による遅延にちょくちょく巻き込まれるんだけど、ああいう時に鉄道会社が「ダイヤの大幅な乱れにより大変ご迷惑をお掛けし、」みたいにすぐ謝っちゃう風潮も良くないね。 機材トラブルとかだったらお詫びもわかるけど、僕はそれでも「まぁしゃあない」と諦められると思う。

 

人身事故の場合、謝られたいのはどう考えても鉄道会社の方だもんなぁ、マジで。

 

でもまたここでもヤル気スイッチ入ったオッサンが登場したりするから、もうホントどうしようもないね。

 

 

 

 

通信障害も運行遅延もドーンと受け入れる広いココロを持ちたいけど、キレるオッサンだけはどうしても受け入れられない、という話でした。

 


本日は以上です編集長。

 

 

とある平日の朝、流行りのスポットにちょっと寄りつつ、何をする訳でも無く。

とある平日の朝、なんば駅に降り立つ。 と言っても何か用事がある訳では無く、ただ空いた時間があったので何となく足を延ばしてみただけだ。

 

夜や週末の混雑したなんばはあまり好きでは無いが、ウィークデイの朝、通勤ラッシュが終わった午前中のなんばはすごく良い。 商業施設はまだオープンしていないが、コーヒーショップやベーカリーカフェにはポツポツとビジネスマンがいて、ノートPCで資料を作ったりしている。 僕もモーニングなんかを食べながらそれっぽい表情でキーボードを叩く。 書いているのはこのブログだったり、どうでもよいメールだったりだけども。

 

 

 

せっかくなので先日オープンしたばかりの駅直結複合ビル「なんばスカイオ」にちょっとだけ寄ってみる。

www.nambaskyo.com

 

f:id:reborn4344:20181203193918j:plain

 

もっとも、まだ10時前なのでショップはほとんど開いておらず、ビルの中をグルグルとさまよい歩いただけだけども。

 

f:id:reborn4344:20181203194107j:plain

 

それでもこういう新しいビルを見るのは楽しい。 本日晴天につき空を見上げるのがとにかく気持ち良い。 そして意味も無く高層ビルの写真を撮ってしまう。

 

f:id:reborn4344:20181203194337j:plain

f:id:reborn4344:20181203194457j:plain

 

 

なんばパークスの上に広がる「パークスガーデン」をブラブラと散歩する。

f:id:reborn4344:20181203195322j:plain

 

ランチ時になればビジネスマンやOLで、夜になれば眩いばかりのイルミネーションにカップルで溢れるこの場所も、平日の朝、まだ商業施設や飲食店がオープンしていない時間帯であれば歩く人もほとんどいない。 抜けるような青空とこの都会の真ん中のオアシスをほぼ自分一人で独占しているような感覚。

 

f:id:reborn4344:20181203200033j:plain

 

自販機でコーヒーを買い、ベンチに座って飲み干した。 さて、そろそろ戻らなきゃな。。。

 

 

 

Facebookをやめても何ひとつ困ることの無い僕の人生。

前回のTwitterに続いてSNSネタ。

 

reborn4344.hatenablog.com

 

 

Facebookをやめてみた。 最近は全く使っていなかったので、もうやっている意味が無いと思ったのだ。

 

友達登録はたったの30人弱。 職場関係の知り合い、前の職場の知り合い、学生時代の友達、全部合わせてもその人数。

 

今の職場のヒトはどうせ日常の業務でもやり取りしているし、前の職場のヒトもそれほど親しかった訳でもないので連絡を取り合うことも特に無い。 そして最もFacebookが活かせそうな学生時代の友人についても、僕はもう遠くに住んでいてなかなか会える機会も無いし、別に連絡を取ろうと思ったらメールやLINEでも良い訳だし、別に彼らの日常のトピックを知りたい訳でも無いし、ということでよく考えてみたら、イヤよく考えなくても僕には全く必要の無いツールだったんである。

 

 

正直、リア充達のキラキラと眩しい日常(たとえそれが多少の脚色を含むものであったとしても)をタイムラインで見て、プロフェッショナルボッチな自分を憐れむことも無かった訳ではない。

 

しかし、昨今Facebook離れが加速しているというニュースを見て、さもありなんとも思う。 あれはやっぱりシンドイわ。 個人的な感覚だけど、リアルの知り合いにそれ以上のリアルを見せる、っていうのが何だかムズ痒くてたまらない。(別に投稿しなければいいんだけども)

僕なんて日常生活の中でも自分を隠したいくらいなんで、やっぱり匿名でできるSNSしかしちゃいけない人間なんだろな。

 

矛盾するようだけど、一方でブログやTwitterなどで親しくなってのオフパ、、、オフ会みたいなのには憧れる面もあって、匿名のままヒトと繋がりたい願望もどこかで持っているのがややこしくてメンドくさい。 オッサンがこじらせてる。

 

 

 

生きるって難しいね。。。

 

 

 

Twitterの裏垢をつくってみようとして思いとどまる。

これでも一応Twitterのアカウントは持っているのだが、基本的にブログ更新時の案内用にのみ使っている感じなので今のところ殆ど活用できていないのが実情だ。

 

 

積極的にフォロワーを増やすべく行動を起こせば良いのだが、いかんせんコミュ障の筋金入りボッチなので、たとえSNS上であってもヒトとのコミュニケーションの取り方が良くわからないのだ。 結果単なる情報収集ツール的にのみ使われるという、Twitterに対して何だか申し訳無いような状況になってしまっている。

 

 

そんな私であるが、何を血迷ったのか「裏垢」ってものを作ってみたくなった。 「裏アカウント」っていう響きがカッコいいな、という中二っぽい理由がメインだが、その他には、裏垢ならHなtweetにもイイネしやすいかな、とか、オッパイ画像とかにもイイネしやすいかな、とか、ヘンタイな発言も気軽にできるかな、とか複雑な事情が様々に絡み合っている。

 

 

「ちょっと気の利いたこととかつぶやいちゃって人気者を目指そうかな・・・」と、手始めに面白い名前(ユーザー名)を朝から考えているのだが、もう全く、ビタ一文たりとも浮かんでこない。 すでに挫折。

 

てか、そもそも裏垢ってのはリア充本垢があって初めて意味を持つものなのかも知れない。 表の顔と裏の顔、その二面性の使い分け、みたいな。

その点、僕はブログもTwitterもリアルでは誰にも公表していないんで、既に今のが裏垢なんである。

 

 

 

Twitterのアカウントを2つ持つことすら叶わない我が人生。 仕事帰りの疲れた体(ここウソ)にその悲しい現実が突き刺さる。

 

 

今夜も酒が進みそうだ。

 

 

 

用事ついでに夜の新世界あたりをブラリ。

仕事帰りにちょっとした買い物で大阪日本橋の電気街エリアへ。 ここへ来た帰りはだいたい新世界を抜けながら新今宮駅方面にブラブラと歩いてみることになる。

 

特に他の用事は無いのだが、夜にこの辺りをヒトリで散策するのがたまらなく気持ちいいからだ。

 

 

観光客で賑わう日中とはまた違う街の顔。 大きな通りにはまだまだ活気が残り酔っ払い達の笑い声が響く中、僕はちょっとした路地を見つけ出し、それらをつなぎ合わせながら南へ進む。

 

 

f:id:reborn4344:20181125135038j:plain

 

 

見上げればどこからでもライトアップされた通天閣が見える。 間違えようのない目印があることで常に方向感覚が保たれるのも夜散策(ここではカッコつけて"Night Cruise"と読みたい)には心強いところだ。

 

 

f:id:reborn4344:20181125135143j:plain

 

 

近年は海外からの旅行客やバックパッカー向けのホテルや飲食店、バーがグンと増えたことにより、このエリアを歩いているだけでインターナショナルな雰囲気を味わえるのが嬉しい。

 

ふと、まるでアジアのどこかの国をさまよい歩いているような感覚に囚われる。 無料で楽しむ30分の海外旅行。

 

 

 

そんなこんなでいつの間にか新今宮駅に到着。 多くの通勤客が行き交うターミナルにて束の間の旅行者からサラリーマンへと戻り、家路に就く。

 

 

 

グラスワイン白を頼んだらレモンサワー来ちゃったよ。

僕のチャームポイントとしてとにかく声がちっちゃいことが挙げられるんだけども、これがまた誤注文を誘発しまくるんだな。

 

仕事帰りにちょっとしたおつまみと白ワインを軽く呑んでいこうかなと思ってガストで注文したんだけど(何せグラスワインが100円だからありがたい)、運ばれてきたのはドデカいグラスに注がれたレモンサワーですよ。 このクソ寒い夜にキンキンのレモンサワーて。  EXILEか。

 

 

こういう場合「え、グラスワイン頼んだんですけど。。。」って言える時と言えない時あるよね。 今日は気分的に完全に後者だわ。 たぶん僕の言い方も良くなかったんだろうな、と。 それに店員さんメチャ忙しそうだしな。 まぁたまにはレモンサワーでもいいよ、ってなもんだ。

 

 

キンキンのヤツを一気に流し込んだよね。 もちろん味に問題があるわけでもなく、おつまみと一緒にそれなりに美味しくいただきました。

 

 

しかし、やっぱりワインも飲みたい。。。 ってことで結局追加です。 もうおつまみは残ってないけれども。

 

 

f:id:reborn4344:20181121201017j:plain

 

 

今はとにかく猛烈にオシッコがしたいよね。  自分でも信じられないくらいに。

 

 

 

 

今度からは指差し注文の徹底を図っていきたいと思います。

 

 

 

バーガーに罪は無いけれど。

普段ハンバーガーを食べるとなればマクドナルドかロッテリア、たまーに気が向いたらモスバーガー、店舗に遭遇したらドムドム、ってな感じのラインナップなのだが、たまたま休憩したい時にフレッシュネスバーガーがあったので久しぶりに入ってみた。 ちょっとお高めなのは覚悟の上で。

 

いやぁ、さすがにボリューム感が違いますね。 ケチャップやマスタードも別添えで嬉しい。 マスタードたっぷり入れちゃうもんねー。 滴る肉汁とのマリアージュ

 

f:id:reborn4344:20181119195207j:plain

 

 

 

股間のあたりにじんわりと暖かさを感じたのは、食べ始めて数分が経った頃だった。 子供の頃のおねしょを思い出させる懐かしい感覚、、、ってバーガー汁めっちゃ垂れまくってるよ!!  薄いベージュのチノパンに!

 

包み紙のちょうど端っこの部分に小さな穴が開いちゃってて、本来そこに溜まるはずの肉汁をピンポイントで股間クリティカルヒット

例えるならばケーキ職人が生クリームをデコレーションする時に絞ってるヤツ(名前がわからん)とほぼ同じ形状。 しかし先端から放出されるのがケチャップやマスタードがミックスされたジューシーでグレービーなお汁な訳です。

 

 

あわててペーパーで拭いてみるものの、この美味しいソースはそう簡単には取れませ~ん。 てかウェットティッシュを使っちゃったもんでむしろ被害拡大してるし。

 

だいぶ長い時間掛けて格闘してみたけども終盤はもう内心半泣きになりながら諦めざるを得なかった。 なんか微妙な位置にひろがる黄色っぽくもあり赤黒っぽくもある島々。  今夜はお赤飯ね。      やかましいわ。

 

 

 

最終的にはもう腹を括りました。 一応その後にヒトに合う用事もあったりしたんだけど、もし突っ込まれたら正直にバーガー汁と言いますよ、と。

 

結果的には誰からも指摘されることなく終わったんだけど、まぁ気付いていてもあんまり言わないわな、普通。

 

 

帰りの電車で僕の前に座っていた若い女性はどう思っていたのかな、、、というのがちょっと気掛かりではあります。。。

 

 

 

廃墟的ショッピングビル 大阪住之江「オスカードリーム」に立ち寄る。

潰れかかったようなショッピングビルやモールが好物の私なので、何かのついでに立ち寄れそうな場所に嗅覚が反応すれば、とりあえず向かってみることが多い。

 

今日は仕事帰りに大阪住之江公園駅へ。

この住之江公園駅に直結する「オスカードリーム」という複合ビルが結構シブくて、何となく気に入っているのだ。

 

 

f:id:reborn4344:20181113201200j:plain

このように駅前に立つかなり立派なビルで、上層階にはホテルが入っている。 昨今のインバウンド需要もありホテルはそこそこ賑わっているようだ。

f:id:reborn4344:20181113201838j:plain

 

 

 

しかし私が見たいのは賑わいでは無い。 とにかくガラガラでテナントが撤退しまくって瀕死状態のショッピングビルが目当てなのだ。

 

 

 

f:id:reborn4344:20181113202012j:plain

その点、やはりオスカードリームは期待を裏切らない。 開放的な吹き抜けと絶妙な薄暗さのコントラスト。

 

 

f:id:reborn4344:20181113202538j:plain

f:id:reborn4344:20181113202623j:plain

ほぼ人通りの無いフロアと、誰も乗っていないシースルータイプのエレベーター。 私はこういうのにゾクゾク来てしまう種類のヘンタイなのだ。

 

 

f:id:reborn4344:20181113202953j:plain

珍しく?1階で物産展のような催しをやっており多少の華やかさをもたらしていたが、私の極めて個人的で自分勝手な感想を言わせてもらえば「余計なことするな」である。

 

これまで何とかショッピングモールの体裁を保ってきたのは、2階右奥に見えるカジュアル衣料店「Mac-House」があったおかげかも知れないが、ここもとうとう閉店とのこと。

 

 

f:id:reborn4344:20181113203905j:plain

残された最後の砦が3階にある「ダイソー」だ。 メチャ広くて品揃えが良く重宝しそうな店だが、いささか孤軍奮闘過ぎてちょっと気の毒にすらなってしまう。 どこまで粘るのか見守ってみたい。

 

 

 

 

こんな感じでモール内をグルリと一周し、何も購入せず最後にロッテリア(ここもかなりシブくてヤバい)でコーヒーだけを飲んでビルを後にした。

 

ショッピングモールとしては既に瀕死を通り越している状態で、どこかのタイミングでオフィスビルやあるいは全く別の施設に生まれかわるのかも知れない。

 

私のようなヘンタイの方は、なるべく早目に訪れておくことをオススメいたします。

 

 

人生で初めてダイエットに失敗する恐怖に怯える。

最近どうも微妙にズボンの腹回りがキツイような気がするなぁと思っていたんだけど、昨夜3ヶ月ぶりくらいに体重計に乗ってみたら、自身が感じるベスト体重より1.5kg程オーバーしていた。

 

僅か1.5kgと思うけどオッサンになると全部腹回りに来るってのはホントなんだね。。。

 

 

てなことで本日よりベスト体重へ戻すべく活動開始。 と言っても大したことをする訳では無くて、昼ごはんの白飯の量をちょっと減らす、仕事中についグビグビしちゃうレッドブルオロナミンCの回数を減らす、同じくポリポリしちゃうお菓子を減らす、後はちょっと意識して多めに歩く、これくらいで調整していけるかなと考えている。

 

イヤミっぽく聞こえるかも知れないが、これまで体重調整に苦労した記憶は無い。 ちょっと意識しておけば1、2kgくらい簡単に減らせるじゃん、ってな感覚だ。 だから体重は二十歳くらいからずっと変わっていないはずだ。(筋肉量が減って脂肪が増えてプラマイゼロになっているという面はある)

 

 

とりあえず手始めに今日の昼食を社員食堂のお蕎麦と小鉢のみにしてみた。 ちょっと物足りない感はあるものの、まぁ特に問題は無さそうだ。 もちろんレッドブルやジュースも飲まなかった。 とりあえず第一関門はクリアだ。

 

 

 

しかし試練は帰宅途中にやってきた。 電車を待つあいだに急激に腹が減ってきてグーグー鳴っている。 今回はここで無理に耐えないことにした。 スタートからあまり絞り過ぎないのも自分なりのコツなのだ。 (ちょっとカッコいいこと言ってる気がする)

 

 

乗り換え駅にて大阪人にはおなじみの立ち食い蕎麦「南海そば」へ。 そういえば昼間に蕎麦を食べたことを思い出し、ここはあえての「和風チャーシュー麺」410円を選択してみる。

 

f:id:reborn4344:20181109213931j:plain

 

空腹に染み渡る和風ダシ、、、そしてコシの無い良い意味で安っぽい麺と素朴なチャーシュー。 ヤバい・・・ウマ過ぎる。。。 なんか昼食を減らした日は結果的に毎回ここに寄ってしまいそうな予感すらする。 そして家に帰れば普通に晩御飯を食べるのだ。

 

人生初のダイエット失敗がアタマをよぎる。 いや、こうやってブログに書いてみることで後戻りできない状況に自分を追い込むのだ。 (ちょっとカッコいいこと言ってる気がする)